スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・オブ・デビットゲイル

2006/05/01 08:28
2003/アメリカ

監督・・アラン・パーカー
出演・・ケヴィン・スペイシー、ケイト・ウィンスレット、ローラー・ニリー
ガブリエル・マン

/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン(2003/11/28)
Amazonランキング:8,050位
Amazonおすすめ度:
正義の行方
スリラーに近いサスペンス
全編 みなぎる緊張感!


うーんこういう話って、かなり賛否両論を生むんでしょうけど・・訴えかけてるものを考えると、確かにかなり重いテーマです。
でもストーリー的には、かなりおもしろく、観客の期待を裏切らない作品になっていまね。

同僚を殺したという罪で、死刑が目前に迫った死刑反対論者の大学教授デビット(ケビン・スペイシー)に、インタビューを依頼された女性ビッツイ(ケイト)彼の話を聞き、独自の捜査をする内に、彼は冤罪ではないかと、確信するようになるのですが・・・ラストは意外などんでんがえし!!ストーリー的には、面白くストーリーに引き込まれ見たけれど、ラストの結論で、民衆の気持ち動かすことできたのかは・・少し疑問かな??

ケビンの演技は、真に迫って、流石!!という感じです。ケイトはタイタニック以来大ファンな女優さんです。知的な気品さを持ち合わせているのに、どこかキュートな演技が好きですね。
アラン・パーカーらしく、社会派映画で、どんでんがえしありのストーリーはお薦めです。

★★★★

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




きょう、ruru

きょう、ruruはパーカーとか話するつもりだった?



大ファンと近いサ

大ファンと近いサスペンス全編や、観客と疑問や、おもしろく意外とか迫って
近いマン
ライフとか重いアメリカと、アメリカとかを

監督しないはずだったの♪



ruruたちが、

ruruたちが、感じとか面白く
アランとかを

監督すればよかった?



きのうは行方も依

きのうは行方も依頼したかったの♪
ここへruruは期待したかもー。



きょうは、訴え捜

きょうは、訴え捜査すればよかった?
ここにruruで教授っぽい依頼したいです。



きょうは期待した

きょうは期待した。
ここへ期待したかも。



きょうruruは

きょうruruはruruと反対するはずだったの。



きょうruruが

きょうruruがruruは演技したかったの♪



きょうruruの、演技すればよかった?



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。