スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーガットン

2006/01/20 22:04
2005/アメリカ
監督・・ジョゼフ・ルーベン
出演・・ジュリアン・ム―ア、ドミニク・ウエスト、ゲイリー・シニーズ、
アルフレット・ウッダード、ライナス・ローチ、アンソニー・エドワーズ

『モナリザ・スマイル』引き続き、ドミニク・ウエスト出演作品です。

飛行機事故で、最愛の子供を無くしたテリ―(ジュリアン・ムーア)忘れられずに子供の思い出にすがる毎日、夫には息子は初じめからいなかったといわれ、思い出の品がテリ―の前から全てなくなる、どうしても子供のことが諦めきれないテリ―は、同じ境遇のアッシュ(ドミニク)をたずね子供の存在を突き止めようとするのだが・・

オリーブ的には、精神面を脅かすような映画あまり嫌いではないですが・・なんか最後のオチが、はぁ?って感じやった。結局的に最後は時間が、戻ったという感じなんかな~、アッシュは、また子供を取り返す為に、一緒に戦った、テリ-のこと忘れてしまったんやろな~なんか空しい・・・

記憶を操作する映画ってこのところ多いですよね。
『エターナルサンシャイン』にしても、『バタフライ・エフェクト』にしてももうすぐ公開予定の『フライトプラン』も想像するところによると、よく似たストーリぽそうやよね。

まぁジュリアン・ムーアを見るためなら、GOODかも?!彼女の演技って見ていてなんか安心感感じるんやよね。なんか落ち着いた貫禄みたいなオーラが、漂ってる感じがする。
『ショートカッツ』でも彼女結構好きかな
★★

 index_03.jpg

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



ソニーの、子供も出演するはずだった。



Trackback

Trackback URL:
フォーガットン 「フォーガットン」★★★(盛岡フォーラム2) 2004年アメ  [続きを読む] いつか深夜特急に乗って 2006/01/29 06:16



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。