スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モナリザスマイル

2006/01/16 10:35
2004/アメリカ
監督・・マイク・ニューウェル
出演・・ジュリアン・ロバーツ、キルステン・ダンスト、ジュリアン・スタイル、ドミニク・ウェスト、マシャ・ゲイ・ハーデン

『エターナルサビューウィズ・バンパイアー』で初めてみたとき、まだ幼い少女やったですが、大人のような妖艶な綺麗さと、演技力で凄い存在感だったのが今も脳裏に焼きついてます。久しく、『ER』での彼女を見たとき、普通の大人になっちゃったかと、ややショックでした。『スパイダーマン』以降は結構出演作品も増えてきているので、これからが楽しみの女優さんですね。

ストーリーはといいますと・・名門の女大に赴任してきた 美術の美人ワトソン教師(ロバーツ)が、優秀な才能を持ちながらも、ステータスは、良い学校と優秀な男性を見つけ結婚することという保守的な考えの学校と生徒たちに反発しつつ最後は学校を去ることで、生徒に理解を得る?そんなかんじかナ。

ストーリー的には単調で、あまり盛り上がりもなく、結末を迎えるのやけれども、生徒の会話や行動が結構好きです。ナンシー先生(マーシャ・ゲイ)
の個性的演技も笑わせていただきました。が内容的には、訴えかけが今ひとつです。見ていて、ワトソン先生になんら魅力を感じなかったのは、oliveだけなんかな~彼女らはあのあと新たな希望みつけることできたんかな~?いま1つ疑問が残るとはいえ、あの時代の頃あたりから、自立を考える女性も増えてきたんだろうし、時代の移り変わりを思う点では、おもしろい作品だったと言えるのかも?!
★★☆20040623003fl00003viewrsz150x.jpg

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。