スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイド3

2005/03/22 12:49
アメリカ/2004
監督・・デヴィッド・s・ゴイヤー
出演・・ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン、ドミニク・パーセル、ジェシカ・ビール、ジョン・マイケル・ヒギンズ

家族鑑賞会第2弾は『ブレイド3』この映画も1.2共家族鑑賞会でかなりの好評でした。ウェズリーが鈴木雅之に見えてしまうoliveですが・・~素直に楽しめてのは、olive的には1ですね。
3っていつ公開したんだろう??と思うほどあまり話題にならなかったみたいですね・・

ブレイドの生い立ちや、一匹狼的な所がすごくいいなと思っていたのですが・・3では、コミック版に近づけたのかな??コミックでは、ドラキュラーハンターのグループを作って活動してるとか・・?今回は、殺されたアブラハムの娘が率いる人間ドラキュラーハンター達に助けを得て行動を共にすることになるんですよね、従来のブレイドのイメージとは少し違う感じがしましたぁ
刀さばきは、3でもかっこよかったなぁ~いちいちポーズを決めてくれるところが、なかなか憎めないやつで良いですよね。
あの刀!コミックスでは木製だとか・・しかも小さなナイフなんだとか?!映画ではより迫力をもとめて刀にしたんだろうかな?
★★★
スポンサーサイト

ファインディ bングニモ

2005/03/22 12:04
アメリカ/2003
監督・・アンドリュー・スタントン
声の出演・・マリーン・・アルバート・ブルックス/木梨憲武
ドリー・・エレン・デジュネレス/室井滋
ニモ・・アレクサンダー・グルード
ギル・・ウォーレム・デフォー/山ちゃん

休日の、家族鑑賞会にはもってこいの映画『ファインディングニモ』!!流石に子供達も大きくなって、少し子供ぽいかなと思いながらの鑑賞でしたが・・笑いあり涙ありで結構楽しませて頂きましたぁ。アンドリュー・スタントン監督の映画は、『トイ・ストーリー』をはじめ、過去の家族鑑賞会には全て見ましたが、いつも楽し作品でolive的には、ディズニーアニメより好きかもしれません(ё_ё)
吹き替え版のキャストもニモのキャラクター達にピッタリマッチしてとてもよかったです!

ちなみに、字幕版のマリーンの声担当のアルバート・ブルックスの「マイファーストミスター」はoliveお奨め作品です
★★★☆

小さな恋のメロディー

2005/03/10 07:47
久々に「ジャック・ワイルド」を見たというか『小さな恋のメロディー』をみたんやけど・・久々というからには、どれくらい前かというと、かれこれ、 ウン(・_・)十年前・・小学校5年の時の担任の先生の薦めで見て以来ッす!いつも洋画劇場なるものを見ていた、母の影響は元より、この先生の影響はかなり受けてる・・あの頃の天真爛漫なoliveの感受性に、刺激を与えてくれた先生やよな~そんな懐かしい映画を、また見れることになったのは、いっこう仮面さんのおかげなのだ、(^人^)感謝♪感謝♪
1971/イギリス
監督・・ワリス・フセイン
出演・・マーク・レスター、トレーシー・ハイド、ジャック・ワイルド

懐かしい~!!
ビージーズの音楽とのコラボレーションが最高にいいですよね。
インザモーニングで始まる、オープニングの朝靄の風景もとてもさわやかで、すがすがしい~これから始まる淡い恋物語を予感させます。
それにしても、マークレスターの可愛いこと!当時は、ジャック派!彼の『オリバー』確かマークレスターも出演していたはず・・を見たいと思いながら、当時はレンタル屋さんもなかったし、見る機会がなく今にいたりますが・・『Alice』には、トレーシーハイドと共演しているはずですが、こちらも未見です。
時がたちケビンコスナーの『ロビン・フット』にちょい役ではあったけど、ジャック・ワイルドを見つけた時はかなり嬉しかったな(ё_ё)今は、舞台役者さんらしく、喉頭ガンの闘病中だとか・
・まだまだ頑張って欲しいです!

当時、2人の恋物語より、トムのダニエルに対する、気持ちがすごく好きで、ダニエルとメロディーが付き合うことになってからの、友情はほぼ一方通行地味だったけど・・

[小さな恋のメロディー]の続きを読む

シークレット・ウインドウ

2005/03/02 14:08
アメリカ/2004
監督・・デヴィット・コープ
出演・・ジョニーデップ、ジョン・タトゥーロ、マリア・ベロ、
ティモシー・八ットン、チャールズ・S・ダットン

(* ̄- ̄)ふ~ん原作はスティーブンキングやったやぁ。これを書いているときに、原作者を知ることになったんやけど・・にしては、なんか今イチ捻りが物足りなかった。小説家モートの妄想と現実の結末が、ありふれているStoryすぎて、残念!なんかファイトクラブ思い出してしまったぁ(olive談)監督だって、デビット・コープだよん。もっとおもしろくなったってよかったんじゃないの??と少し疑問。
でもそこは、流石ジョニ・デップ!彼の表現力は抜群やなぁ~
切れかけの表情なんかもデップ独特の表現力が好きですよ。
『ギルバート・グレイプ』見てデップに見事はまっりそのあと立て続けにデップの映画がみたoliveなんですが・・彼の持ち味って、映画のStoryそのものが、しょぼくても彼自身が発する表現が映画を良くしてるなといつも思うんやよね。デップが手に取った小道具達もたちまち息が吹き込まれというような、不思議な力がある俳優さんやね♪

ジョン・タトゥーロは、『耳に残る君の歌声』の時の存在感が強すぎて、今回普通ぽく見えていまったもう少し迫力のある、ジョンタトゥーロを見たい気がした(olive談)

やけれど、デップの表現力に乾杯で
★★★

Groggy

2005/03/01 11:26
風邪ひいてしまった!!頭が痛くて、咳もひどくて、起きあがれなかった!寝込んでしまう風邪をひいたのは、何年かぶりですよ。まだ少し咳が残っていますが・・なんとか元気になったし、そろそろcinema diary、復帰しなくては・・・
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。