スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂と霧の家

2006/04/25 15:41
2003/アメリカ
監督・・ヴァディム・パールマン
出演・・ジェニファー・コネリー、ベン・キングズレー、ロン・エルダ、ード、ショーレ・アグダシュルー

/ ジェネオン エンタテインメント(2005/03/04)
Amazonランキング:15,966位
Amazonおすすめ度:
一言で言うと・・・
題名もすてき
あんまりだー、と泣きながら見た



続いても、ベン・キングズレー出演映画ですが、この映画かなり重い映画です。イランを追われ、アメリカに亡命した大佐一家の行く末が、あまりにも悲劇すぎます。涙、涙の前評判でしたが、あまりの重さに涙でなかったよほんまに・・・重すぎて好きくない映画に『ダンサーインザダーク』がありますが、これよりは、ストーリーに、主旨があることと、ベン・キングズレーの演技が鳥肌ものだったことも含めて、後味の悪さは感じなかったので、見る価値はあると思います。

最悪な悲劇の発端になった暴走気味の、保安官補佐役のレスター(ロン・エルダード)も主人公キャシー(ジェニファー・コネリー)に恋し、家庭を捨てたはずだったのに、最終的には家族に電話していたのが印象的です。失ったものの大切さを失って初めて気がつく、この映画の
ポイントですね。キャシーにしても、旦那にも去られ、仕事もせず堕落した生活の末家を差し押さえされ、競売にだされてしまうのですから、
3人が3様に、失って気がついたその代償は、とても悲劇的でしたが・・・

この映画の見せ場は、やっぱり,ベン・キングスレーの演技!!警官に撃たれ手術中の息子が助かるの祈るとりつかれてような演技は、鳥肌ものです。
彼の頑固さと、イランでの地位、息子や奥さんに、いい暮らしをさせてあげたかったばっかりに、見失った本当に大切な者は砂の家と共に霧になってしまったのです。

storyはくらかったですが、役者陣は、よかったですね。ジェニファー・コネリーの映画は過去にハルクぐらいしか見ていないですが、魅力的な女優さんですね、知的な部分が嫌味なくかもし出されている所がいいです。
彼女の恋人役のロン・エルダートは、スリーパーズで、ケビン・ベーコンに復讐する2人組の1人、相棒のビリー・クラダップも最近頑張ってます。是非応援したい2人です。べラーニの妻役のショーレ・アグダシュルー彼女の気品溢れる演技もよかった、足を汚したキャシーを優しく手当てするシーンは気品ある優しさが滲みでていて好きなシーンです。

にしても、ラストのキャシーの『NO』は少し以外でしたが・・
20041018004fl00004viewrsz150x.jpg

スポンサーサイト

SAYURI

2006/01/29 13:18
2005/アメリカ
監督・・ロブ・マーシャル
出演・・チャン・ツッイー、ミシェル・ヨー、渡辺謙、役所広司、桃井かおり、大後寿乃花、工藤由貴、

チャン・ツッイーはほんと綺麗ですね。演技にも気迫が感じられるし、身のこなしもししなやか、華やかさと質素な要素がかね備わっている、悔しいけど、日本の女優さんで彼女に対抗できる人はいないなぁ~。雰囲気的に日本というに、少し違和感感じたけど、異国の人から見る日本の文化の神秘さの表現なんだろうね。
日本を題材にしてるのに、綺麗な芸者さん役は皆異国のお方だった・・唯一工藤由貴が頑張ってたけど・・なんだかねぇ~という感じ
女って、嫉妬や妬みが絡むと、めっちゃ醜い、女だけの世界しかもお客は男となっるとその醜さは見ていて、ちと辛いものがあるかな~
救いは、少女の千代役の、寿乃花チャンなんなんやろう独特な雰囲気持ってるあんなに辛い目にあっているのに、なんか見ていて癒される感じがした。
流石、渡辺謙が推薦しただけあって、今後成長が楽しみ

渡辺謙かっこよい~日本の男優さんで唯一、身のこなしがソフトで、
品のある存在感をもってる役者さんだと思う。
桃井かおりも、置屋の主人めっちゃマッチしてたぁ。ハリウッド進出第一作目だということですが、あの独特なキャラを生かして、これからも頑張っていただきたい!!

貧しく幼い少女千代が、芸者さゆりになり、夢をかなえるまでのサクセスストーリー。
★★★☆

321931view001.jpg

[SAYURI]の続きを読む

ステップ・フォード・ワイフ

2005/06/23 08:19
2004/アメリカ
監督・・フランク・オズ
出演・・ニコール・キッドマン、マシュ・ブロデリック、ベッド・ミラー、グレン・クローズ、クリストファー・ウォーケン、ロジャー・バートン

こういうコミカル&サスペンスはolive的には、大好きです。
ストーリーも発想的には面白いですね。出演者も個性的な面々で、ストーリーを盛り上げています。
原作は『ローズマリーの赤ちゃん』のアイラ・レヴィンで、1975年にキャサリン・ロスが出演のTV映画のリメイクだそうです。そっちの方も見てみたいですよね(ё_ё)

ニコール・キッドマン、相変わらずとても綺麗です。大抵綺麗な女優さんてその綺麗さが邪魔して、演技は大根って場合が多いのですが、この人演技うまいあなぁ~と思います。ニコール・キッドマンの出演作では『バースディガール』がoliveのお気に入りです。

男の人にはあの世界がきっと理想なんだろうなぁ~絵に描いたような従順な妻・・・
でも最後のオチも結構うけましたよ。お奨めです
★★★★





セルラー

2005/05/31 13:21
2004/アメリカ

chris.jpg


監督・・・デヴィット・R・エリス
出演・・・キム・ベーシンガー、クリス・エヴァンス、ジェイソン・ステイサム、ウイリアム・H・メイシー

この映画、オリーブ的に結構お薦めです。
見知らぬ女からの、誘拐されたから助けて欲しいという突然の電話で、彼女からも愛想尽かされるほどの、軽いのり風の男の子が、救出するべく奮闘すると言うお話。通信手段は、タイトル名のごとく携帯のみ!なかなかスリルもそれなりにあっておもしろかったです。

その軽のり風の男の子ライアン扮する、クリス・エヴァン!!非常によかったぁ~olive的には久々ヒットした若手俳優です(ё_ё)
若かりし日のケビン・コスナーを思わせる面影が非常に好みで、これからの活躍がひじょーに楽しみです。オリーブはblueEyeに弱いのだぁ~きっと歴代、ウイリアム・ボールド・ウィンにしてもPittにしても・・・

キム・ベイシンガーもいつもになく押さえた役柄が、よかったですね。妖艶な怪しい雰囲気をかくしつつ、夫と子供を守る強い女性役よかったです。

ジェイソン・ステイサムはよく最近出ていますね。『ロック、ストック&トゥースモーキングバレル』
はオリーブのお気にの映画の一つですが、結構渋めの役が多くて、
どれを見ても、同じに見えてしまう、オリーブです。どちらかというと『ロック、ストック&トゥースモーキングバレル』『スナッチ』で共演していたジェイソン・フレミングの方が良い味あるように思いますが・・2003年以降出演作がないようで残念です。

とにかく面白かったので是非お薦めしたい1作品です
★★★★☆

Shallwedance?

2005/05/20 08:27
アメリカ/2005
監督・・ピーターチェルソム
出演・・リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ

見てきましたぁ~。なにわともあれ、リチャード・ギアは素敵だったですよん。タキシード姿に赤い薔薇このコスチュームが似合うのは、この人がハリウッド1だなと思うoliveですうん!(^^)うん!(^^)何せその日、夢の中にリチャード・ギアが出てきたもの・・映画の余韻と夢の余韻に2日間浸らせていただきました(ё_ё)

内容はというと、日本版に軍配があがる感想の方が多いようですね。ほぼ話のすすみ方としては、同じ展開ではありますが・・・やっぱ風習の違いでしょうかね。日本人中年男の哀愁を感じさせてた日本版『シャルウィダンス?』に対して、アメリカ版は完璧すぎるのかな、とにかくdance姿が皆決まりすぎているもの、日本人の微妙なダサさが、滑稽さが、暗さがなく、olive的には、明るく、エンタテイメントなアメリカ的『Shallwedance?』の方が好き
★★★★

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。