スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・アフター・リーディング

2010/07/13 00:33
コーエン兄弟好きです
マジで、お馬鹿な映画だけど、出演者のユーモラスで個性的な部分を引き出させるのは最高です

CIAの連邦保安官なんて。たいそうな肩書きツキの男達は、実はアル中とエロ親父
なぜかお馬鹿が、お似合いの、ピッ君も、『ベンジャミンバトン』よりもアタシの、お気に入りです

マルコビッチにクルーニ
マクドーマンド
個性的な、面々の魅了がたっぷりの映画
多少内容がなくたって
そんなの気にしません
思い切り笑ってください
彼らの破滅ぶり

コーエン兄弟の映画では、アタシはやっぱり『オーブラザ』が、お気に
お奨めです。
スポンサーサイト

ヒストリーオブバイオレンス

2007/01/17 14:29
ヒストリー・オブ・バイオレンス ヒストリー・オブ・バイオレンス
ヴィゴ・モーテンセン (2006/09/08)
日活
この商品の詳細を見る

2006/アメリカ
監督・・デビット・クローネンバーグ
出演・・ビゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウイリアム・ハート

二重人格といえば、もとこも無いけど・・人格って変わることができるのだろうか~きっと、あの主人公の妻も、そこが1番気になるところだったに違いない!!
優しくて、誠実な旦那の過去は、実は極悪な殺人犯だったと知った
ら?!愛と暴力結構2つともウラハラなものなのかも・・・

よかった所は、、ビゴの役するトムが、自分の過去を、妻や子供に知られても自分の居場所はここしかないのだという強い意志が感じられた部分、その意思に反発葛藤しながらも、受け入れ用とする妻
ラストシーンはなんかジーンとするものがありましたです。

エド・ハリスも、いつもながら渋くて、完全にビゴより迫力あった!!


プラダを着た悪魔

2006/11/30 13:12
2006/アメリカ
監督・・・デヴィッド・フランケル
出演・・・アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニア

アン・ハサウェイ主演のシンデレラストーリー
ファッションはもちろん全てにお洒落で、楽しませていただきましたぁ
もっと若い時なら、共鳴感的感動するのだろうけど・・・
でも、オリーブはあまりファッション界のことはわヵらないですが、現役モデルが出演してるなど見所沢山!!

メリル・ストリーブ扮する、傲慢カリスマ社長かなりよかったぁ
メリルといえば、こういう役は珍しいよねどちらかといえばオリーブのイメージ的には物静かな役が多いかなと・・『レモニー・スニケットの世にも不思議な物語』のジョセフィーンおばさんもなかなかよかったけれどねぇ。あの貫禄と嫌味な傲慢さが、流石大女優といった感じ♪

スタンリー・トゥッチ彼も大好きな俳優の1人!どんな役やってもいい味だしてるのよね。

さて彼女は、ホンとに悪魔になれるのでしょうか??



thumb06.jpg

パイレーツオブカリビア デットマンチェスト

2006/09/03 11:18
2006/アメリカ
監督・・ゴア・ヴァービンスキー
出演・・ジョニー・デップ、オーランドブルーム、キラー・ナイトレイ、ビル・ナイ、、ケビン・マグナリー、



最近『おい森』にはまって・・・ロクに映画をみてなかったのですが~やっと見てきましたぁ『パイレーツオブカリビアン デットマンズチェスト』
結構おもしろくなかったという感想も多いようですが・・オリーブ的には、細かな笑が、すごく心地よくよかったです。
やっぱ『ジャック・スパロウ』演じるのは、ジョニーしかいない!!彼の演技力最高です。あとオーランド彼もここ何年かでとても成長しとるよね。とても男らしく凛々しくなってきた感じ。コメディー部分もなんの違和感もなく、キラーの迫力にも負けず劣らずです。

確かに・・ディズニーにしちゃぁ、ちょっとグロイ?!ディヴィ・ジョーンズ筆頭に海賊達が、怪物化!!・・・そのディヴィ・ジョーンズ扮するビル・ナイ『ナイロビの蜂』『アンダーワールド』と出演しているのだけれど・・どんな人なの?とわからなかった(-_-#)ウィルの父役のステラン・スカルスガルド彼も顔半分わからんかったけど『キスキスバンバン』で主役の殺し屋演じてた人!なかなか渋い配役がこの映画の好きなところでもあります

とにかく、3が早く見たい!!死んだはずのあの船長との、絡みに、現地民に酋長にされたワンちゃんの行方も気になる・・・



★★★★★






ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

2006/03/04 11:30
2005/アメリカ
監督・・ジョン・ポルソン
出演・・・ロバート・デニーロ、ダゴタ・ファニング、ファムケ・ヤンセン
エリザベス・シュー、デイラン・ベイカ

うーん率直に言って、あの前宣伝と期待感のギャップで、全く面白くかったです。ストーリーが、予める、意外性がなさすぎ、途中からあんたしかおらんやん!とツ込みたくなった!ジョニー・デップの演技が好きなoliveとしては、『シークレット・ウインドー』のほうが許せる。

ロバート・デニーロのお父さん役にはかなりの無理があるどう見てもおじいちゃんにしか見えないよ。唯一の印象は、ダゴタちゃんの、無表情で心無い演技が怖かったことかな。
★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。